洋装産業新聞
55年の歩み

洋装産業新聞は昭和27年11月5日「日本洋装手芸時報」創刊1号をタブロイド判で発行したのが始まりです。その1年後、28年6月に洋装産業新聞と改題。36年に現在のブランケット判に拡大し、旬刊紙(平成13年10月から月2回)として発行を重ね、現在1800号を超えています。戦後の混乱期に呱々の声をあげた本紙は「業界の道標たらん!」をモットーに、読者とともに55年の歩みを続けてきました。この間、業界も時代の流れとともにさまざまの試練と紆余曲折を経て、今日に至っています。
 この50年の歴史を踏まえ「公正適確を期す」精神を遵守し、21世紀の新しい時代にふさわしい紙面づくりを目指します。現在、わが国も業界もかつて経験したことのない厳しい状況が続いています。この時期こそ業界とともに歩む姿勢を堅守し、内容をさらに充実、皆様とともに業界の新しい未来を切り開いていきたいと願っています。



洋装産業新聞社
530-0022 大阪市北区浪花町13-38 千代田ビル北館 3F
TEL06-7654-2877
FAX06-7654-2884
E-mail 大阪本社

東京支社
177-0053 東京都練馬区関町南4-16-18-203
TEL03-5927-4180
FAX03-3929-2781
E-mail 東京支社